おいしい食事が食べられる【糖尿病でも毎日の食事が楽しみ】

食事

身近な病気

家族

インスリンが不足すると

血糖値が上がり、インスリンが不足して分泌されなくなる病気を糖尿病と言います。カロリーが高い食事を毎日続けていくと血糖値が上昇してきます。食事が欧米化されて日本人の糖尿病が増えてきています。元々の日本人の体は欧米人に比べてインスリンを分泌する量が少ない上に食事が欧米化されると体はついていかなくなります。カロリーの高い食事を毎日続ける事によって糖尿病になってしまいます。糖尿病にならないようにするには、カロリーを考えてバランスよくカロリーの低い食事をする事で病気にはなりません。予防次第で病気にならない体を作る事ができますので、日々の食事を気をつけましょう。糖尿病になると誘発する病気もあり、危険が増しますので、しっかりとした予防や食事療法などの治療が必要になってきます。

誘発する病気と放置

糖尿病になりますと、他の病気を誘発します。高血圧、うつ病、痛風などが挙げられます。また、病院での健康診断や検査をしていなくて糖尿病に気づかず、放置してしまうと、血糖値が高いままの生活になってしまい、血液がドロドロになり、血管がもろくなってしまいます。血液がドロドロになりますと血管が詰まりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞などになる可能性も高くなります。血流が悪いと様々な病気になってしまいますので、注意が必要です。定期的な健康診断、最近、食事が高カロリーと心配される方は検査をされる事をお勧めします。糖尿病になると治療しなければなりません。治療をしながら、食事制限、運動、ストレス解消などで病気の悪化を防ぎましょう。